家雨漏りが与える影響について

subpage01

屋根やベランダなど剥き出しになっていて雨や紫外線があたる場所は、雨漏りが起きやすい傾向があります。


紫外線があたることによって建築資材が劣化し、隙間があいたりズレができてしまいます。
その隙間から雨水が入り込んで、家の内部にまで達して家雨漏りを引き起こします。家雨漏りは、室内に湿気を引き起こしたり、クロスから水がしたたるという影響の他に、家の強度を損ねてしまうという重大な影響を引き起こします。



家雨漏りは建築資材をつたって水や湿気が通るので、木造建材なら腐食を起こしたり、鉄筋建材なら錆を発生させる恐れがあります。

nanapiの情報が満載です。

腐食したり錆が発生すると、建築資材の強度を弱めてしまうので、家の強度を弱めたり本来持っている耐震性を損なう可能性があります。



また、湿気が入り込むことによって、シロアリが生息しやすい環境になってしまいます。

シロアリは雑食性でゴキブリの仲間ですから、1匹発生すると大量に発生して重大な被害をもたらします。柱でも食べる強い繁殖力を持っていますから、家雨漏りによって湿気が多い家になると住み着いて大量発生してしまいます。
さらに家雨漏りを修理しなければ、人間の健康にも影響を与える可能性があります。
湿気が多くなると、建築資材やクロスにカビが発生しやすくなります。
カビは見た目も良くないだけでなく、アレルギーの原因や感染症を発症させる原因になることがあります。

そのため雨漏りに気付いたら、すぐに補修を行う必要があります。